FC2ブログ

マリーの音楽

ピアノ講師のマリーが、レッスンでの出来事や好きな音楽など日常を綴っているブログです。

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ旅行記・イタリア フィレンツェ編1

今日 地下鉄に乗っていたら、

最近セールで買った、可愛いブラウスと同じものを

小太りの オバサマが着ていました。

ヒェ~!!ショック!!

その人はサイズが合わないようなので ボタンがはずれていましたし、
(胸元がはだけて)

少し だらしない着方をされていて、残念でした(;一_一)

きちんと 着てあげれば 誰が着ても構わないんですが

ブラウスに 失礼だと勝手に思ってしまいましたー

帰宅してからそのブラウスは

クローゼットの後ろに 位置が変わってしまいましたたらりー

(@_@)

さて、本日は ゆったりと サティーを聴いてくださいね

☆サティ  ジムノペディ第1番



遅くなりましたが 、ヨーロッパ旅行のつづき 

フィレンツェ編を見てくださいね

DSC04761.jpg

フィレンツェ と言ったら、なんといっても美術散歩です♪

DSC04785.jpg
ウッフィィッツィ美術館

とても混雑するらしいので、チケットは前もって ネットで購入しておきました。

DSC04786.jpg
これが、かの有名な
シモーネ・マルティーニの 「受胎告知」 

DSC04816.jpg
私の大好きな ラファエッロの 「ひわの聖母」

DSC04803.jpg
ミケランジェロの 「聖家族」

DSC04795.jpg
ウッフィィッツィ美術館から観るフィレンツェの街

ボッティチェッリ、チマブーエ、ダ・ヴィンチ等の名画の中にいると

「今、私はルネサンスの都、花の都フィレンツェにいる

と言う実感が 込み上げてきました♪

ウッフィィッツィ美術館には、2時間半も鑑賞していました。

幸せな 時間でした


その後 礼拝堂、シニョーリア広場を見て

ジォットーの鐘楼の前に来ました。

DSC04823.jpg

さあ!今からこのジォットーの鐘楼片道414段の石の階段を登りりますたらりー

「心臓の弱い方は登らないでください」 と注意事項が書いてありました。

母はもちろん登りません。 弟は以前に登った事があるので、

DSC04820.jpg

ドゥオモが見渡せる オープンカフェで 二人には待っていてもらって

私一人で登りました(*^_^*)

DSC04838.jpg

鐘楼の頂上からは、360度の町のパノラマを堪能できました♪

この美しさは、言葉では言い表せれません。414段登った甲斐がありました

DSC04851.jpg

次に メディチ一家が住んでいた リッカルディ宮殿を訪れました。

イタリア・ルネッサンスの宮殿建築の典型となったリッカルディ宮殿。

チェーザの本に出てくる その場所を見つけた時は、感激しました。

感激すると、写真を撮る事を忘れるのですよたらりー

でもね、もし 今度フィレンツェに行く事ができたら

多分 写真は殆ど 撮らないでしょう。

自分の目で見て、肌で感じる事が大切であって

写真を撮る行為に 振り回されて、疲れてしまうことに

だんだん気が付きましたから。キャハ


DSC04878.jpg

ビスタチオのジェラードを食べながら 歩きました

おいしかった~♪♪

日本では、食べ歩きは あまりお行儀が良くない。とされていますが

イタリアでは、立派な?大人でも、、お年寄りでもジェラード等食べていても

平気!というか ふつうらしいですよウレシ

DSC04876.jpg

その後 サン・ロレッツオ教会、サンタマリア・ノヴェラ教会も見学して

充実した一日でした(*^_^*)

歴史あるフィレンツェの街を歩いていると、

歴史の闇に葬られた人類史上、最も美しき英雄、チェーザレに

タイムスリップして、出会えそうな 不思議な感じになりました。

考えすぎかな?イヒヒヒ

 つづく


最後まで読んでくださって ありがとうございました

(*^_^*)


ピカピカ素敵な一日をお過ごしくださいねピカピカ




応援ありがとうございます。ポチして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ


コメント

ご心配おかけしました~
可愛いブラウス クローゼットの奥に・・・
babaも誰かにそんな思いをさせないよう
もう少し痩せなければ(^_^;)

確かに!
私が海外旅行に行っていたころは
ブログもないし
写真もそこそこで
肌で感じられてよかったのかも♪

フィレンツェ^^

おはようございます!(*^。^*)

おお!遂にフィレンツェ編ですね。(^_^.)
ラファエロですかぁ、美しいですね。
かのルノワールをも開眼させた、この美しい質感が私も大好きです。
これがマルティーニですね・・・。
こうして写真で紹介頂けると、とても600年以上前の作品とは思えない現実感があります。

あ、そうそう、感動すると写真を撮るのを忘れるって、良く分かりますよ。
実際に旅に出ていない私たちは、ご紹介頂ける写真が頼りの部分がありますが、どうぞ忘れて下さい!
写真ばかり夢中で撮っていると、結局ファインダー越しの事物しか記憶になくて、肝心の現地の温もりや風の中での自分の存在感を忘れてしまいがちですから。
是非旅行先でのタイムスリップ感を大切にしてくださいませ。
でも、私達にもちゃんと感動を分けて下さいね。(^_^.)

☆babaちゃまさんへ

コメントいただき、ありがとうございます♪
よくなられてよかったですね。
今度は、熱中症に気をつけてくださいね。
babaちゃまが海外に行かれた時のお話も
是非伺いたいと思っています☆

☆★赤影★さんへ

コメントいただき、ありがとうございます☆
つたない旅行記ですが、赤影さんが待ってい下さる!と思うと
励まされますし、嬉しいですヾ(*´∀`)ノ.:
ウッフィィッツィ美術館でも、すぐに写真はやめて
好きな絵の 絵ハガキを買いました♪
大丈夫です(^^)今後もブログ用の写真はとります☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちわ

ご無沙汰しました
ブラウス残念でしたね~
私も気をつけようっと!(笑)
旅先でのお写真良く分かります
私も一生懸命お写真撮ってると遅れてしまいます
ツアー旅行が殆どなので注意なの!
マリーさんはゆっくりの旅で良いですね~
本当は目で見て感じたいですものね
フィレンツェいいですね~
私もウフッツィ美術館は良く覚えています
また行きたいです

フィレンツェも素敵な所ですね。
ビスタチオのジェラードが美味しそう♪
日本にもあればいいなあ。
美術館の絵は見ていて飽きないですよね。名画の数々に癒されますね。

ブラウスの話し、私もありました。
友人と、ほとんど一緒だった時があります。
2回位しか着ずに、妹にまわしました。(^^ゞ
なんか、ね、被るとね・・・。(苦笑)

サティ  ジムノペディ第1番、曲を聞いて初めて題名がわかりました。知らないこと多いです。だからマリーさんに教えてもらえるってうれしいです。♪

★鍵コメさんへ

コメントいただきましてありがとうございます。
お返事おそくなってごめんなさい。
鐘楼、頑張って登りました。414段はきつかったですけれどね。
フィレンツェ、気に入りました(*^_^*)
やっぱり芸術の街です♡♡
いつもありがとうございます。

☆ ikukoさんへ

コメントいただき、ありがとうございます♪
ikukoさんは、オシャレですから
そんなご心配はいりませんよ♪

ウフッツィ美術館行かれたんですね♡

そうですか。ikukoさんも写真、そう感じられたこと
おありなんですね。遅れたら大変ですね(笑)
なかなかお便りできず申し訳ありません。

☆mekumekuさんへ

コメントいただき、ありがとうございます☆
あっそういえば、日本にはビスタチオのジェラード
ありませんねぇ。
mekumekuさんならビスタチオでも何でも作れそうですね。
(なーんて、言う事は簡単です)

ブラウス、妹さんにまわったのですね(笑)

曲の事、そう言っていただくと、とっても嬉しいです♪♪
o(〃^▽^〃)o 

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

応援クリックお願いします♪

プロフィール

マリーター

ピコピコ

名前:マリー
職業:ピアノ講師

ご訪問ありがとうございます♪
ピアノの生徒たちとの日常や
色々なジャンルの曲を
アップしていきます。
ごゆっくりしていってくださいね☆

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。