FC2ブログ

マリーの音楽

ピアノ講師のマリーが、レッスンでの出来事や好きな音楽など日常を綴っているブログです。

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ旅行記・イタリア フィレンツェ編2

御無沙汰しています。

皆様お元気でしたか?

私は信州へ旅行して、お盆は夫の実家で過ごし

昨日は実家の母の誕生日会を催したりと,, 元気に過していました

残念だったのは、,昨年旅行中に友達になったアルパカちゃんに会いに

昨年と同く、蓼科牧場へ行ったのですが、,アルパカは、一頭もいなかった事です。キャハ

どうしても気になったので、ロープーウェイ乗り場の方に お聞きしたところ

あのアルパカは レンタルだったそうで、どこかへ連れて行かれたそうです。

他の牧場へ行ったのかな?  と言われたので近くの牧場にも行ってみましたが

あのアルパカちゃんは、いませんでした悲しい


DSC03162.jpg
昨年友達になったアルパカちゃんです。

どうか、元気でいますように!


本日の曲は

「やさしさに包まれたなら」 オルゴールバージョンをお送りします





さて、随分時間が経ってしまいましたが、

ヨーロッパ旅行記イタリア、フィレンツェ編のつづきを読んでくださいね♪

今回は、フィレンツェ編2です(*^_^*)

DSC04729.jpg

私達は、フィレンツェで トリップアドバイザー1位のホテルに4泊しました。

DSC04755.jpg

DSC04757.jpg

毎日歩き続け、移動も重なって疲れている母には、この日は半日ホテルで
お留守番してもらいました。

自由に りんごやクッキーがいただきますし、お庭にはハーブがいっぱいで、
母が楽しめる空間です

DSC04751.jpg

DSC04715.jpg

DSC04754.jpg

私に似て? 社交的な母は、英語もイタリア語もしゃべれないのに、

積極的にホテルのスタッフやお客さんに話しかけて、

楽しく 過していたようですイヒヒヒ

私たちは、朝一番でメディチ礼拝堂を訪れました。

DSC04896.jpg

メディチ礼拝堂は,メディチ家の権力を表す豪華な壁、床と大理石や高価な宝石で埋め尽くされていました。

部屋全体は緑色基調の色が鮮やかでブロンズ像が並び、その長い空間に圧倒されて鳥肌が立ちました。

DSC04901.jpg

DSC04900.jpg
メディチ家の紋章

次にサン・マルコ修道院(博物館)へ行きました。
DSC04915.jpg

フィレンツェの歴史に今も サン・マルコがその名をとどめているのは、

この修道院拠点として活躍した二人の僧ゆえです。

画家のフラ・アンジェリコと、ジロラモ・サヴォナローラです。

修道院の中庭から続く回廊には 数々の大作が飾られています。

DSC04914.jpg

二階へ続く階段を上がり、途中の踊り場から上を見ると美しいサン・マルコ修道院を舞台にしたような 

フラ・アンジェリコ「受胎告知」が目に入り

その清楚で敬虔な雰囲気に心が洗われる思いがしました。

この感動は言葉では言い表せれませんうなずく


DSC04940.jpg
フラ・アンジェリコ 「受胎告知」

DSC04955.jpg
ここが、サヴォナローラの部屋です。

機会があったら、是非サン・マルコ修道院に再来したいと思います

DSC04999.jpg

そして サンタクローチェ教会を訪れた後、予定していたビッティ宮殿まで歩きました。
DSC05004.jpg


ビッティ宮殿に行く途中 橋沿いにある小さなカフェに入りました。

弟とジェラード、ティラミスを半分ずつ食べた味が忘れられません。おいしかった~

ビッティ宮殿内にある パラティーナ美術館は、私が一番楽しみにしていました。

なぜって?  ラファエッロの絵が8点も観られるのはここだけですから

DSC05052.jpg


この パラティーナ美術館の圧巻の素晴らしさに感激しました。

有名なテッツィアーノ作「マグダナのマリア」も観ることができましたし

大好きなラファエッロの絵の前を 何度も行ったり来たりしたり

椅子に座って眺めたりと 幸せな時間が過ぎました


DSC05038.jpg



DSC05023.jpg
ラファエッロ  「小椅子の聖母」

DSC05075.jpg
広くて美しいボーボリ庭園へは 私の体力の限界を感じたため 

入口のみ の見学となりましたが、

有意義な一日となりました。 よく歩けたものだと感心しました

そして、バスに乗って母が待つホテルへと急ぎました。

私と弟は外国人に よく道を聞かれます。

特に 弟は歩く時、バッグも何も持たずに さっさと歩くからでしょうか?

ピッザを一人で買いに行った時も 「イタリア語しゃべれないの?」

と イタリア人に道を聞かれたそうですよイヒヒヒ

母はホテルのお庭を散策したり、美味しいケーキやクッキーを頂きながら、ゆっくり楽しんでいたようです。

夕方3人でショッピングをした後、フィレンツェの街を一望のもとに見下ろせる

ミケランジェロ広場と呼ばれる展望台から美しい「花の都」を眺めました

フィレンツェの魅力を十分味わう事ができた素晴らしい3日間でした。

ありがとうフィレンツェo0020002011701321945.gif



☆最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました☆

次はヴェネツイア編をお届しますねにこにこ


ピカピカ皆様 明日も、佳い一日になりますようにピカピカ



応援ありがとうございます。ポチして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

コメント

アルパカちゃん可愛い~

フィレンツェ編2
ゆっくり楽しませていただきます♪

お待ちしておりました(^_^)

こんにちわ(^_^.)

毎日暑い日が続いておりましたが、少し峠を越したのでしょうか、気温は下がってきましたね。

さて、不肖わたくし、いい子でお待ちしておりましたぁ。
フィレンツェ編2ですね!(*^。^*)
まずは、お泊りのホテル、なんとも居心地の良さそうな空間ですねぇ。
少しだけお疲れのお母様もこれでしたら、とっても快適に小休止をされたのでしょうね。(^_^.)

メディチ家と言えば、イタリア・ルネッサンス期をその財力で支えたフィレンツェの有力者ですね。
荘厳な雰囲気の礼拝堂ですね、写真からも伝わります!なるほど鳥肌立つでしょうね。

サン・マルコ修道院ですか。(^_^)
ああ、歴史と文化の塊ですね。

パラティーナ美術館!素敵ですねぇ。。。
ラファエッロの「小椅子の聖母」!!ご覧になったのですね!
羨ましいです。
この圧倒的な質感が素晴らしいです。
趣味の良い観光をされて、とてもとても素晴らしいと思います。

そして、何よりもお身体の強くは無いお母様を思い遣るマリーさんのお気持ちと、ご家族3人でフィレンツェの街並みを笑顔で眺めておられる風情が一番素敵だと思いました。(*^。^*)

素敵です

マリーさんの言葉は
市販の旅行ブックなどと違って
自分の感性と教養で書いてあるので
説得力がありますね
とっても素敵です
アルパカちゃんへの想いも
お人柄がわかります
目的を持った旅行はいいですね
憧れます

こんばんは〜 ♪
アルパカちゃんがレンタルだったなんて!
それは それは ショックでしたね
先日 可愛いアルパカのフィギュアがショップにあったので
思わず買ってしまいました
アルパカってホント!可愛いです
元気だと良いですね ♪

3年前 イタリアに行ったので 写真を見て懐かしくなりました
ツアーでしたが 大型バスにツアー客が3組だけで
イタリアを廻りました


添乗員の女性が プライベートで
電車でお散歩に連れ出してくれたのが 楽しい思い出です
やはり 自分の足で歩くと 思い出が強烈に残る気がします

お母様や弟さんも同伴で 素敵なイタリアの旅でしたね ♪

素敵な写真ですね。
オルゴールの曲を聴きながら、写真を見ていたら
優しい気分になれました。

☆babaちゃまさんへ

コメントありがとうござます♪
残暑厳しいですから、無理をされないよう
お気をつけてくださいね(*^_^*)
フィレンツェ編 ごゆっくり観てくださいね。

☆★赤影★さんへ

コメントいただき、ありがとうございます。
赤影さんが、待っていて下さると思い頑張りました(笑)
いつも、母の事を心配いただき嬉しいです。
海外旅行後、元気になっております♪
コメントが嬉しかったので
写真を追加させていただきました~♡
ヴェネツィアでは、母のちょっとした
おもしろいエピソードがありました♪♪
いい子で待っていて下さいね☆

☆marieさんへ

コメントいただき、ありがとうございます☆
「感性と教養で書いてある」
そのような事を言っていただき、恐縮してしまいます。

ガイドブックなどで説明をまる写ししていては
ボロが出るので、無理なく自分の言葉で
書いています。背伸びしても仕方ないですものね。
拙いブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。

☆優の水彩画工房さんへ

コメントいただき、ありがとうございます。
大型バスにツアー客が3組だけなんて
贅沢な旅でしたね♪
いろいろな国を訪れた優さん!
今までに何処の国が一番よかったですか?
もう一度行きたい処は?
お聞きしたい事ばかりです(^^♪

アルパカのフィギュアがお家にあるのですか?
いいですね~♡

☆hiro さんへ

コメントいただき、ありがとうございます♪
お身体の方、良くなられて安心しました。
ブログでやさしい気持ちになっていただいて
とっても嬉しいですヾ(*´∀`)ノ.
これからもよろしくお願いします☆

こんばんはヽ(^∇^*)ノ
暖かな感じのホテルですね
ヨーロッパの家庭的なリビング
ゆっくり寛げる雰囲気がいいですね
こんな素敵なホテルに4泊して素敵な時間ですねヽ(*´∀`*)ノ
「メディチ礼拝堂」
メディチ家の権力がいっぱいですね
でも力のある方がこうしたものを作ってくれると後世にこうして当時の技術力や考えや生活などいろんなことが知れますね
サン・マルコ修道院の回廊 ラファエロの作品を目の前に
いろんな芸術に触れて・・・・・
きっとマリーさんの演奏に深み増しますね(@^∇^@)

☆LEOMAMAさんへ

こんにちは♪
コメントいただきありがとうございます。
仰る通り、このホテルは
ヨーロッパの家庭的なリビングがあり
誰でも自由に過すことができました。
一日は移動のため寝ただけですが
3日間楽しめれました(^^)
「演奏に深み増しますね」
ありがとうございます。頑張ります。
今後とも応援よろしくお願いします♡

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

応援クリックお願いします♪

プロフィール

マリーター

ピコピコ

名前:マリー
職業:ピアノ講師

ご訪問ありがとうございます♪
ピアノの生徒たちとの日常や
色々なジャンルの曲を
アップしていきます。
ごゆっくりしていってくださいね☆

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。